前へ
次へ

腰痛の気配を感じたときに行うこと

ぎっくり腰の癖があったり慢性の腰痛がある人は、「そろそろ痛くなりそう」という嫌な予感を感じることも多いでしょう。たいていの場合、嫌な予感はあったもののなすすべなく悪化してしまい、しばらく痛みに悩まされます。しかし予感の段階で然るべき対処をすれば、悪化を防ぐことが可能です。まず仰向けに寝て、自分の手で頭を支えて小さく横に揺らします。それから足首から下を同じように小さく揺らします。寝たまま自分の足首はつかめないので、誰かに揺らしてもらってもいいでしょう。こうすると固まった体が少しずつほぐれます。またお尻のストレッチも有効です。体育座りから両手を後ろについて、そのまま足を組みます。そうすると上になった方の太ももからお尻が、グッと伸びているのが分かるでしょう。腰痛は太腿の後ろからお尻が固くなっているときに起こるので、このストレッチでときどきお尻を伸ばすのが良いそうです。腰が痛くなる前にサッと対策しましょう。

Page Top