前へ
次へ

腹筋は腰痛に効果があるのか

腹筋は見た目の良さだけでなく、腰痛を予防する為にも役立ちます。腹筋は身体を支えている背骨を真っ直ぐに立たせる時に、重要な役割を果たしているので、腹筋が少ない人は、自然と腰への負担が増加してしまいます。その為腹筋は腰痛を予防する為には役立ちますが、既に腰に痛みがある場合は、腹筋運動を行うと、余計に腰に負担を与えてしまうリスクがあります。腹筋をする時は腰に多少なりの負担がかかるので、腹筋のやり過ぎで逆に腰を痛めてしまう事も考えられます。その為腹筋を沢山行う必要はなく、腰に負担がかからない程度を継続して行う事が大切です。旧来の寝た状態から起き上がる腹筋運動ですと腰に痛みがでやすいですが、腕立て伏せの状態でも鍛えられますし、立った状態でもお腹を少し意識して動かせば、鍛える事ができます。既に腰痛になってしまっている方は、先ずは治療をして、再発しない為に腰への負担が少ない運動を取り入れる事がベストな選択です。

Page Top